過敏性腸症候群(IBS)の原因と改善法

過敏性腸症候群(IBS)とは、腸の検査をしても異常が見つからないのに、精神的に緊張したりストレスがかかったりすると途端に腹痛が起こったり、下痢になったり、便秘になったり、お腹にガスがたまったりする症状です。「神経性胃炎」と呼ばれることもありますが、このような症状の原因はストレスに腸が過剰に反応するためと考えられています。

 

過敏性腸症候群は、4タイプ

過敏性腸症候群(IBS)は、下痢型、便秘型、交代型、ガス型の4つのタイプに分けられます。

 

●下痢型:精神的に不安やストレスを感じた途端に下痢を引き起こします。男性に多く見られます。

●便秘型:排便が何日もなかったり、硬い便が出たりします。女性に多く見られます。

●交代型:下痢と便秘が数日間隔で交互に現れます。

●ガス型:ストレスが原因でおなかにガスがたまり、頻繁におならやゲップが出ます。

 

 

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の主な原因として、次のようなことがあげられます。

 

●精神的緊張

いきなりプレッシャーがかかったり精神的に緊張すると、脳から腸への指令がうまく伝達されず、胃液の分泌や腸のぜん動運動のバランスが乱れ、腹痛や下痢、便秘などの症状として現れます。

 

●過剰なストレス

社会や周囲の環境にうまくなじめず過剰なストレスを溜め込んでしまうと、自律神経が不安定になり過敏性腸症候群の症状として現れます。

 

●不安心理

下痢や便秘をすること自体に恐怖心を持っていたり、トイレのない場所や、長時間トイレに行けないような状況の時に不安心理が働き、過敏性腸症候群の症状が出ることがあります。

 

●ホルモンバランスの乱れ

過敏性腸症候群は、季節の変わり目や生理の前後、更年期などに症状が出やすくなりますが、これは体内の内分泌系によるホルモンバランスが乱れるためと考えられています。

 

スポンサーリンク

 

過敏性腸症候群の改善法

過敏性腸症候群を改善するためには、精神的なストレスを解消し、生活のリズムを整えて行く必要があります。そのため時間はかかりますが、あきらめずに心と体の調子を整えて行くことにより、改善することができます。

過敏性腸症候群の改善法としては、次のようなことがあげられます。

 

●気分転換をする

過敏性腸症候群の大きな原因であるストレスを解消するためには、ゆったりと休んで気分転換をするのが最適です。精神的に余裕が生まれると、下痢や便秘のつらい症状も回復に向かいます。

 

●食生活を改善する

胃腸の調子を整えて行くために、消化が良く栄養バランスのとれた食品を摂るようにしましょう。特にビタミンとミネラルはストレスを軽減する働きがあり、食物繊維は腸内の環境を整え、下痢や便秘を改善します。

 

●トイレに行く時間を習慣化する

起床後や食後の決まった時間にトイレに行く習慣をつけましょう。たとえ便意がなくても、毎日繰り返すことにより、体が自然な排便リズムに慣れて来るとともに、過敏性腸症候群の症状も改善に向かいます。

 

●軽い運動を行う

毎日、軽い運動を行うことにより、全身の血行が良くなり胃腸の働きも良くなってきます。特にうっすらと汗をかく程度の有酸素運動を行うと気分もスッキリし、ストレスが軽減して下痢や便秘も改善してきます。

 

●自律訓練法を行う

過敏性腸症候群は、ストレスによる自律神経の不調が原因のひとつであるため、自律訓練法を行うことにより改善が期待できます。

 

●サプリメントを使用する

胃腸内の環境やの調子を整え、症状をやわらげるものとして、乳酸菌、オオバコ繊維のサプリメントなどがあります。

また、カルシウムやビタミン、ミネラル類のサプリメントはストレスを軽減する効果が知られています。

 

●整腸剤・下痢止めを使用する

過敏性腸症候群の改善は生活習慣の見直しが基本になりますが、症状を緩和するために整腸剤や下痢止めを使用することもできます。また、最近では過敏性腸症候群専用の新しい治療薬もありますので、症状の重い方は医療機関などに問い合わせてみましょう。

 

●精神症状を改善する薬を使用する

ストレスや不安が強い場合、過敏性腸症候群の改善に抗うつ剤や抗不安薬が有効な場合があります。また、精神科や心療内科などを受診し、心理カウンセリングを受けるだけで改善する場合もあります。

 

スポンサーリンク