日光アレルギー(光線過敏症)の原因・症状・防ぎ方

紫外線(日光)を浴びることにより、皮膚が赤く腫れたり、湿疹ができたり、痒みを伴う皮膚炎の症状が出ることがあります。これを日光アレルギーまたは光線過敏症、日光過敏症、紫外線アレルギーなどと言っています。湿疹はおもに、顔、耳の後ろ、腕など、日光が当たる場所にできます。

 

日光アレルギー(光線過敏症)の原因は?

日光アレルギーの原因は、はっきりとは解明されていませんが、血圧の薬や化膿止めの薬、利尿剤、消炎鎮痛薬などの薬を飲んだ後に紫外線を浴びることで起こる「光線過敏型薬疹」がよく知られています。

また、特定の物質に接触した後に紫外線を浴びることで炎症を起こす「光接触皮膚炎」のほか、ある特定の食品、代謝異常なども原因としてあげられますが、まったく原因不明の場合も少なくありません。

 

日光アレルギー(光線過敏症)の症状

日光アレルギーは、ある種の薬を飲んだり、ある物質に接触したりした後に日光にあたることにより発症します。症状の出方はさまざまで、日光にさらされてからわずか数分で皮膚が赤くなって湿疹が現れる場合もあれば、30分から数時間以内に現れることもあります。日光にあたるのを避けるようにすれば、数時間で症状がおさまる場合もあれば、何日も続く場合もあります。

今までこのような症状は出たことがなかったという場合でも、何らかの要因が重なって、花粉症と同じようにある日突然発症することがあるのが、日光アレルギーの特徴です。

 

日光アレルギー(光線過敏症)を防ぐには

アレルギーを起こす元となっている薬や物質が特定できれば、まずはそれを避けるのが先決です。持病のある方は、薬を変えてもらうことにより、ある程度防ぐことができます。また、特定の物質に触れることによりアレルギーを起こしていることがわかれば、その物質を避けるようにしましょう。

さらに日光アレルギーを起こすもうひとつの大きな原因は紫外線なので、日常生活でも紫外線を浴びないようにすることが大切です。外出の際は長袖の衣服を着用したり、顔や手など肌が露出する部分は日焼け止めなどを塗って紫外線から守るようにしましょう。

症状がひどくなった場合は、病院の皮膚科にてステロイド剤の塗り薬や痒み止めの飲み薬(抗アレルギー薬)を処方してもらうことにより改善しますが、緑黄色野菜や果物などを積極的に摂ることにより、新陳代謝が促進されるので回復もはやくなります。

 

スポンサーリンク