黒酢の健康効果とおいしい飲み方

黒酢には、ダイエット効果や疲労回復効果、血圧を下げる効果、老化防止効果など、健康と美容に関するすばらしい効果があります。黒酢は、そのままでは刺激が強すぎますが、おいしい飲み方を工夫しながら、毎日、少しずつでも続けてみましょう。

 

黒酢の健康効果

黒酢は、通常の穀物酢に比べて発酵・熟成期間が非常に長いという特徴があります。そこから独特の芳醇な香りとまろやかな味が生まれますが、同時にアミノ酸・酢酸・クエン酸などの有機酸、ビタミン・ミネラルなどの含有量がほかの食酢に比べ、圧倒的に多くなります。そして、次のような数々の健康効果をもたらします。

 

・血液をサラサラにする

・疲労回復を促進する

・肌をきれいにする

・動脈硬化を予防する

・血糖値を下げる

・血圧を安定させる

・ダイエット効果がある

・大腸ガンを予防する

・骨粗しょう症を予防する

・更年期障害を緩和する

・老化防止効果がある

・尿酸値を下げる

・免疫力をアップする

 

スポンサーリンク

 

黒酢のおいしい飲み方

 

黒酢は、1日に大さじ2杯(20~30ml)くらいを目安に飲むと効果的ですが、そのままストレートに飲むと、刺激が強すぎ胃腸にも負担がかかってしまいます。なるべく空腹時を避けて、次のような方法でおいしく飲むようにしましょう。

 

●水で薄めて飲む

好みの分量の水で薄めて飲むようにすると、胃腸への負担も軽くなります。酸っぱさが気になる方はハチミツやシロップなどを加えてみましょう。また、夏は氷を入れて飲むとさっぱりします。冬はお湯で割って温めてもおいしく飲めます。

 

●牛乳や豆乳に入れて飲む

牛乳や豆乳に黒酢を大さじ1杯~2杯入れると、ヨーグルトのような味になります。カルシウムも一緒に摂れるので、骨や歯の健康にも役立ちます。酸味が苦手な方は、ハチミツやシロップを加えるとおいしく飲めます。

 

●ジュースに入れて飲む

りんごジュースやオレンジジュースに黒酢を加えると、さっぱりした味わいになりおいしく飲むことができます。りんごやバナナ、その他の野菜類をミキサーにかけ、そこに黒酢を入れると新鮮で栄養満点の手作りミックスジュースができます。

 

●ワインに入れて飲む

赤ワインと黒酢の相性も悪くありません。ワインを飲むときに黒酢少々を入れてみましょう。さわやかでスッキリした味わいになります。

 

●料理に使用する

酢の物やサラダ、即席漬け、南蛮漬けなど、料理に使用することで、黒酢をおいしく摂ることができます。黒酢に含まれる豊富なアミノ酸はうまみ成分のもとであり、素材のおいしさを引き出します。また、酢を使うことにより、塩分を少なくすることもできます。

 

黒酢の健康効果や美容効果はわかっていても、毎日摂るのはやっぱりめんどう・・・という方には、サプリメントがおすすめです。ニンニクが配合されているものや、ダイエット効果を重視したものなど、さまざまな黒酢サプリメントが販売されているので、目的に合うものを選んで摂るようにしましょう。

 

スポンサーリンク