基礎代謝量をアップする方法

基礎代謝量をアップしておけば、太りにくい身体になるばかりではなく、ダイエットも楽に行えるようになります。基礎代謝をアップするには、次のような方法があるので、意識して毎日の生活に取り入れるようにしてみてください。時間はかかりますが、コツコツと努力することにより、基礎代謝量は少しずつアップします。

 

●ウォーキングで肺活量を増やす

ウォーキングは、心肺機能を高めるための代表的な有酸素運動です。毎日、20分以上のウォーキングを行うことにより、肺活量が増え、心肺機能が向上して体内の血行が良くなります。その結果、基礎代謝量がアップして来ます。
ウォーキングを行う時は、背筋をまっすぐ伸ばして、両手を前後に振りながら、歩幅は大きめにして行うとより効果的です。

 

●筋トレで筋肉を増やす

筋肉は、基礎代謝の中でも約40%を消費しています。そのため、筋肉量が多ければ基礎代謝量もアップして、何もしていない時でも、より多くのエネルギーを燃焼することができます。自然に太りにくい身体になるばかりでなく、体脂肪がついたとしても、すぐに落とすことができます。
無理のない範囲で、腹筋運動や腕立て伏せ運動、縄跳び、スクワットなどの筋トレを行い、筋肉量を増やしましょう。

 

●きちんと朝食をとる

夜間、寝ている間は体温は低めですが、朝食をとることにより、体温が上がって来ます。体温が上がると、カロリー消費も促進されるため、基礎代謝量もアップします。特に、朝食にニンジンや芋類、カボチャ、ごぼうなどの身体を温める野菜を食べたり、唐辛子やキムチなどの辛いものと食べると、より効果的です。

 

●コーヒーやお茶を飲む

コーヒーやお茶に含まれるカフェインやカテキンは、エネルギーの燃焼を促進する働きがあります。そのため、食事の後や休憩時間などにコーヒーやお茶を飲む習慣をつけると、基礎代謝量を上げることができます。

 

●半身浴をする

全身をお湯につけると身体の表面しか温まりませんが、38~40度くらいのぬるめのお湯で20分ほど半身浴をすると、身体の芯から温まり、汗が出て来ます。その結果、全身の血行が良くなり、基礎代謝量が上がります。
また、冷え性の改善や美肌効果、ストレス軽減効果、免疫力アップ効果も期待できます。

 

●酵素を多く含む食品を多く摂る

食べたものを消化、吸収したり、ホルモンのバランスを整えたり、新陳代謝を促進したり、毒素を排出したりと、人間の生命活動を支えているのが「酵素」です。酵素を含む食品を積極的に摂ることにより、基礎代謝量も上がり体脂肪が燃焼しやすくなります。
酵素を含む食品には、納豆、醤油、味噌、漬物、ヨーグルトなどがあります。不足しがちな場合は、酵素飲料(酵素ドリンク)で補給することもできます。

 

【おすすめの酵素飲料】



【関連記事】

>>なぜ太る?肥満の原因とは?
>>食事でダイエットする方法
>>肥満と基礎代謝の関係は?
>>ダイエットのリバウンドを乗り越える方法
>>ヨーグルトを食べてダイエットするには?

 

スポンサーリンク