お腹のあたりがムカムカして気持ち悪い・その原因は?

お腹のあたりがムカムカしてとても気持ちが悪いときがあります。ひどくなるとゲップが出たり、吐き気がする場合もあり、そんな時は仕事や勉学に集中できなくなってしまいます。お腹のムカムカを改善するためにも、まずはその原因を知っておきましょう。

 

お腹がムカムカする原因

お腹のあたりがムカムカする原因として、次のようなことが考えられます。

 

暴飲暴食による胃もたれ

食べたものが消化しきれずに胃の中に長時間残っていて、お腹のあたりが重苦しくムカムカする症状が「胃もたれ」です。
暴飲暴食の後に起こりやすく、胃の中が飽満状態になっているため、消化活動も一時的に低下しています。また、肉類や揚げ物などの脂っこいものを食べ過ぎたり、早食いで一気に胃の中に食べ物を押し込んだ場合も胃もたれを起こしやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

胃酸過多

胃酸は、胃の中で食べ物を消化する際に分泌されますが、過度に分泌されると胃もたれや胸焼けを起こしたり、げっぷが出やすくなったり、時には胃酸の酸っぱい液が口まで上がってくることがあります。
空腹時に、コーヒーやお酒をがぶ飲みしたり、刺激物を食べ過ぎたり、ある種の飲み薬で胃壁が荒れた場合に、胃酸過多になり、胃のあたりがムカムカしやすくなります。

 

胃の機能低下

加齢や運動不足、体質などの影響で胃の機能が低下している場合に、お腹のあたりがムカムカすることがあります。
胃の働きが低下すると、ぜん動運動が弱くなり、食べたものを消化するのに時間がかかるため、胃もたれを起こしやすくなるからです。

 

ストレスによる自律神経のバランスの乱れ

胃の働きをコントロールしているのは「自律神経」ですが、悩み事があったり睡眠不足などでストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れます。
すると、食べたものを消化したり、消化したものを次の器官である十二指腸に送り出すという働きがスムーズに行かなくなり、胃もたれを起こしやすくなります。

 

乗り物酔い

車やバス、船などで乗り物酔いを起こしたときに、お腹のあたりがムカムカしたり、吐き気や頭痛などを生じ、ひどくなると嘔吐などの症状として表れます。
乗り物酔いは、過度の揺れやスピードの変化が異常な情報として脳に伝えられたり、目から得る情報と体から得る情報のズレにより、自律神経が混乱して起こるとされています。

スポンサーリンク

 

胃のムカムカは、暴飲暴食などを繰り返さなければ、通常は自然に治まります。しかし、いつまでも続いたり、慢性的に起こる場合は何らかの病気が隠れている場合があるため、病院で検査を受けるようにしましょう。