アトピー性皮膚炎によるフケをなくすには

アレルギー体質の場合、アトピー性皮膚炎により頭皮に湿疹ができ、かゆみやフケが出ることがあります。カビやダニ、ハウスダスト、特定の食べ物、動物の毛などが原因となったり、時には石鹸やシャンプー、リンスなどがアトピー性皮膚炎の抗原になることがあります。

 

アトピー性皮膚炎によるフケの特徴

アトピー性皮膚炎によるフケは、通常のフケよりも大きく、量も多いのが特徴です。通常のフケは頭皮の古くなった角質がはがれ落ちたものですが、アトピー性皮膚炎が原因のフケは、頭皮のかゆみとともに新しい皮膚も一緒にはがれてしまうからです。

かきむしっているうちに細菌感染や炎症が起き、抜け毛や薄毛が進行してしまうこともあるので、悪化させないことが大切です。

 

 

アトピー性皮膚炎によるフケを改善するには?

●アレルゲンを避ける

まずはアレルゲンを避けることが大切です。アトピー性皮膚炎のアレルゲンとしては、ダニ、ハウスダスト、ペットの毛、衣類、化粧品、花粉、特定の食べ物、精神的ストレス、汗、汚れ、石けん、シャンプー、リンスなどがありますが、どのアレルゲンにアレルギー反応を示すかは人それぞれ異なります。

病院のアレルギー科、内科、皮膚科などを受診し、パッチテストや血液検査などを行うことによりアレルゲンを特定できるので、それが判明したら接触や摂取をしないようにしましょう。

 

●頭皮を掻かない

頭皮にアトピー性皮膚炎の症状が出ると、どうしてもかゆみが伴うため、手でかきむしってしまいがちです。大きなフケがはがれ落ちたときに傷ができてしまい、そこに細菌が感染するとさらに悪化してしまいます。

それを防ぐために、かかりつけの病院で痒み止めや感染症予防の抗生物質を処方してもらうこともできます。

 

●低刺激のシャンプーを使用する

洗浄力の強いシャンプーを使用すると、アトピー性皮膚炎によるフケが悪化してしまうことがあります。天然素材のアミノ酸系シャンプーなら皮膚への刺激も少なく、皮膚と同じ弱酸性なので洗ったあとつっぱるということがありません。頭皮が乾燥しがちな方は、オリーブオイルなどのオイルでマッサージをすれば頭皮の保湿力もアップします。

ただし、特定のシャンプーやリンスがアレルゲンとなっている場合はそれを避け、自分に合うものを選びましょう。

 

●自律神経を整える

アレルギー反応は、自律神経のバランスが崩れて免疫機能が異常をきたしたときに起こりやすくなります。ストレス過剰や夜更かし、睡眠不足などにより自律神経のバランスが崩れると、白血球の中のリンパ球が増え、アレルゲンに対して過剰に反応してしまうためです。

規則正しい生活を心がけ、ストレスをためずに、毎日の睡眠もたっぷりとることにより、アトピー性皮膚炎が改善し、フケも治ってくることがあります。

 

スポンサーリンク