ほうれい線が気になるので、何とかしたい!

ほうれい線とは、小鼻の両脇から口の横に向かって伸びる太いシワを指しますが、これがあるだけで老け顔になってしまうというやっかいな線です。

通常は高齢者に多く見られますが、20代とか30代から気になり始める人もいます。

ほうれい線が気になり始めたら、早めに予防や改善などの対策を取りましょう。

スポンサーリンク

ほうれい線はなぜできたのか?

ほうれい線をこれ以上深くしないためにも、ほうれい線がなぜできたのか、その原因を知っておきましょう。

肌の乾燥を放っておいた

肌が乾燥すると、皮膚の表面がカサカサとして潤いがなくなります。すると、笑ったり話たりするときに一時的に口の両脇にできた線が、元に戻らずそのままシワとして定着してしまいます。
若い世代のほうれい線の多くは、肌の乾燥が原因と言われます。

顔の皮膚がたるんで来た

人間の顔の皮膚は、年を経るにつれて弾力を失い、たるんで来るようになります。
特に頬に付着する脂肪がたるんで来ると、重力に伴って下方に引っ張られ、ほうれい線の溝が深くなります。高齢者のほうれい線の多くは、皮膚のたるみが原因です。

紫外線を防がなかった

肌は、コラーゲンとエラスチンという繊維によってハリを保っています。
しかし、紫外線は皮膚の奥まで入り込み、その繊維を切断してしまいます。その結果、肌はハリを失いシワを作りますが、ほうれい線も深く刻まれるようになります。

顔の筋肉が衰えた

顔には表情筋と言われる30種類以上の筋肉があり、その筋肉が複雑に動くことにより、泣いたり笑ったりといったさまざまな表情を作っています。
しかし、筋肉は使わなければ衰えてきます。頬を支える筋肉が衰えると、頬全体が下がってきて、ほうれい線が目立つようになります。

無理なダイエットをした

急激に体重が減少すると、顔全体も痩せてきて、シワやたるみが目立つようになります。
さらに無理なダイエットを続けて栄養不足になった場合、たるんでしまった皮膚はなかなか元に戻らず、ほうれい線も深くなります。

前かがみの姿勢が続いていた

仕事などで前かがみの姿勢が続くと、頬が重力に引っ張られてたるみやすくなります。
その結果、ほうれい線ができやすくなります。皮膚に弾力があれば元に戻りますが、弾力がない場合は深く刻まれてしまうことがあります。

 

今からできる!ほうれい線対策

ほうれい線が気になり始めたら、次のような方法を参考に対策を取ってみてください。
完全に消すことは難しいかもしれませんが、これ以上深くなるのを防ぎ、少しずつ薄くできる可能性はあります。

マッサージをする

ほうれい線の上やほうれい線の周りを中心に、両手の指先を使って円を描くようにマッサージしましょう。毎日少しずつでも続けることにより、顔の筋肉が動きやすくなり、ほうれい線の改善につながります。

また、目の周りや耳の周り、顎の下などもマッサージすると、顔全体の血行が良くなり、むくみやたるみが改善されて、ほうれい線も目立たなくなってきます。

乾燥肌を改善する

肌の乾燥は顔にシワを作る大きな要因のひとつなので、常に肌の潤いをキープすることができれば、ほうれい線のような大きなシワも改善することが可能です。

洗顔は、洗浄力の強い洗顔料を使用したり、熱いお湯で洗うのをやめてください。肌に必要な皮脂やうるおい成分まで洗い流してしまい、乾燥肌を悪化させてしまいます。

水かぬるま湯で洗った後は、化粧水や保湿成分の入ったクリームなどを塗り、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

口の中から皮膚をのばす

舌を使って口の中から皮膚をのばす方法は、ほうれい線を薄くするためのトレーニングとしてよく知られています。

やり方は簡単で、口を閉じて唇の周りの皮膚をのばすように舌をグルグルと廻すだけです。これを左回りに20回、右回りに20回を1セットとして、1日に3セットほど行うと、口の周りの筋肉が鍛えられ、血行も促進されます。

その結果、次第に肌にハリが出て、ほうれい線が薄くなると考えられています。

口の中をふくらませる

口の周りの表情筋という筋肉を鍛えて、ほうれい線を予防したり改善したりする方法です。

口の中に空気をいっぱいに含んで、シワをぴんと伸ばすように左右のほっぺたを交互にふくらませたり、同時にふくらませたりを何度か繰り返します。

簡単な方法なので、気づいた時にいつでもやってみてください。毎日やるようにすると、一週間後くらいには、何らかの変化が表れます。

紫外線を防ぐ

紫外線に対して無防備でいると、シミやソバカスだけでなく、ほうれい線やその他のシワも目立つようになります。

紫外線は肌の内部まで入り込み、コラーゲンやエラスチンなどの繊維質を破壊し、弾力やハリをなくす原因になるからです。

日焼け止めクリームなどを塗るほか、できるだけ直射日光に当たらないような工夫をしましょう。紫外線は夏季以外でも降り注ぎ、時には屋内に入り込んで来ることもあるので、注意が必要です。

美顔器を利用する

シワ対策用に販売されている美顔器は、ほうれい線対策にも使用できます。

特に超音波を利用した美顔器は、1秒間に数百万回もの振動を肌細胞に与えることができるので、滞っている血液やリンパの流れを良くすることができます。

個人差はありますが、このような美顔器を継続的に使用することにより、肌にハリと弾力が出てほうれい線やその他のシワを薄くしたり改善することができます。

正しい姿勢を保つ

前かがみの姿勢や左右どちらかに偏った姿勢を続けていると、顔の筋肉のバランスが悪くなり、皮膚がたるんだり、ほうれい線が出やすくなります。

常に背筋をぴんと伸ばし正しい姿勢を保つようにすると、顔の筋肉のバランスが良くなり血行も促進されるので、ほうれい線の予防になるほか改善も期待できます。

タイトルとURLをコピーしました