便秘とはどんな状態を指すのか・便秘の原因と症状

数日、便が出ないと「もしかして便秘かも・・・」と不安になることがあります。便秘とはどのような状態を指すのか、便秘の原因と症状について知っておきましょう。

また、便秘の中でも危険と思われる症状をいくつかあげておきますので、このような症状が表れたら、早めに医療機関を受診してください。

スポンサーリンク

便秘とは?

便秘とは、排便の回数や便の量が少なくなるなど、正常な排便が行われないことを指します。

「何日以上排便がなかったら便秘」という明確な基準はありませんが、日本内科学会 では、便秘の定義として「3日以上排便がない状態」または「毎日排便があっても残便感がある状態」としています。

また、日本消化器病学会では、「排便が数日に1回程度に減少し、排便の間隔が不規則で便の水分含有量が低下している状態」としていますが、やはり明確な基準はありません。

排便の回数はとても個人差が大きく、2~3日おきにしか出なくても、特に不快な症状がなければ便秘とは言えません。

逆に毎日排便している人が2日ほど出なくて、便がコロコロと硬くなっていたり、お腹が張っているなどの症状がある場合は、便秘と言えます。

便秘の原因

便秘の原因としては、次のようなことが考えられます。

  • 水分の摂取が不足している
  • 普段の食事で食物繊維が不足している
  • 食事の量が少ない
  • ストレスによって自律神経のバランスが崩れている
  • 筋力低下により腸のぜん動運動が弱くなっている
  • 排便を我慢する習慣がついている
  • 内服薬による副作用
  • 消化器系の疾患がある

便秘の症状

便秘になると、主に次のような症状が表れます。

  • 何日も排便がない
  • 排便をしても、まだ残っているようでスッキリしない
  • お腹が張って苦しい
  • お腹にガスが溜まり、おならがよく出る
  • 便が硬くてなかなか出ない
  • 小さなコロコロとした便が出る
  • 口臭がきつくなり、ゲップが臭う
  • 吐き気がする
  • 胃がもたれているようで食欲がない
  • 吹き出物やニキビができたり、肌が荒れている
  • 背中や腰が張ったり痛みが出る
  • 頭痛、肩こり、めまいがある

危険な便秘の症状とは?

便秘の中でも、次のような症状が表れたら、自己療法で対処しないで早めに医療機関を受診してください。

  • お腹の張りが強く苦しい
  • 腹痛がひどい
  • 吐き気と嘔吐がある
  • おならが出ない
  • 発熱がある
  • 血の混じった便が出る
  • 急激な体重減少や倦怠感がある
  • 便秘薬や浣腸を使っても便が出ない
タイトルとURLをコピーしました