顔の毛穴がひどい・開き毛穴はなぜできるのか

清潔にしていても顔の毛穴がひどくて目立つ。
最初は白っぽかったのが、だんだん黒ずんでくると何とかしなければと思いますが、毛穴対策をする前に、このような開き毛穴はなぜできるのかを知っておきましょう。

スポンサーリンク

開き毛穴ができる原因

この開き毛穴ができて目立つようになる原因として、次のようなことが挙げられます。

 

汚れの蓄積

洗顔やクレンジングが不十分な場合、毛穴に汚れが蓄積され、それが毛穴を押し広げて毛穴が開きやすくなります。

さらに皮脂や古い角質と混ざり合って蓄積されて行くと簡単には落ちなくなってしまい、やがて毛穴が黒っぽく変色し、肌がザラザラとしてさらに目立つようになります。

この汚れを何とか落とそうと1日に何度も洗顔をしたり、ゴシゴシと力を入れてこするなどの過剰なスキンケアは、肌を守っている皮脂や毛穴の周りの角質まで落としてしまい、逆に肌荒れの原因となることもあるため注意が必要です。

 

皮脂の過剰分泌

脂性肌の人や普段から脂っぽいものを多く食べる人の場合、皮脂の分泌量が多くなり、皮脂の出口である毛穴も大きく開くようになります。

この開いた毛穴に排出された皮脂や古くなった角質やホコリが溜まると、毛穴が詰まったり、毛穴が黒ずんでザラザラとして目立つようになります。

特に、「Tゾーン」と呼ばれる額から鼻筋、小鼻の両脇などの毛穴が目立つ場合は、皮脂の過剰分泌が原因と考えられます。

 

肌の乾燥

空気が乾燥する冬になると毛穴が目立つという方は、肌の乾燥が原因として考えられます。

肌が乾燥すると、皮膚の潤いを保とうとして皮脂が多く分泌されますが、皮膚表面の毛穴はカサカサして硬くなっているため、分泌された皮脂が詰まってしまい、毛穴が目立つようになります。

さらに乾燥が続くと、角質層が厚くなり皮脂によるバリア機能も失われてしまうため、肌が荒れやすくなります。

 

角栓のつまり

角栓とは、皮脂や古い角質、汚れなどが混ざったものですが、これが毛穴に詰まってしまい、毛穴を押し広げている場合があります。

最初は、毛穴に詰まった角栓が水分を含んでふやけているため白っぽく見えますが、時間が経つと空気に触れて酸化するため、黒っぽくなり目立つようになります。

手で触れるとザラザラとした感触のある毛穴は、このような角栓のつまりが原因として考えられます。

 

肌のたるみ

年齢を重ねるとともに、しずく状の縦長の毛穴が目立つようになった場合は、肌のたるみが原因である可能性があります。

肌の土台となる真皮層のコラーゲンやエラスチンは加齢により徐々に減少しますが、それに伴い肌がたるんで毛穴が下へ引っ張られて広がってしまい、目立つようになります。

このような縦長の毛穴は、「たるみ毛穴」と呼ばれるもので、適切なスキンケアを早めに行うことにより、防ぐことができます。

 

ストレスや不規則な生活

ストレスが蓄積したり不規則な生活が続くと、皮脂が過剰に分泌されたり、肌が敏感になって毛穴の開きが目立ってくることがあります。

特に食生活の乱れや睡眠不足は、肌に十分な栄養が行き渡らなくなったり、皮膚の新陳代謝がうまく行かなくなるなど、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

その結果、肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなったり、ニキビなどができやすくなりますが、毛穴の開きもさらに目立つようになります。

タイトルとURLをコピーしました