のどの痛みを和らげる方法

のどが痛いと、ご飯を食べたり、水を飲んだり、時には声を出したりツバを飲み込むだけでもつらい時があります。

風邪や空気の乾燥、のどの使いすぎなどによるのどの痛みを和らげるには、次のような方法がありますので、参考にしてみてください。

 

家庭でできる喉の痛みを和らげる方法

首とのどを温める

首とのどを温めると、血行が良くなり痛みが和らいできます。風邪などウィルスの繁殖を防ぎ、のどの内側が荒れた場合は修復が早まるからです。

ネックウォーマーやマフラー、タオルなどで、昼間はもちろん、就寝中も首とのどを温めるようにしましょう。

 

お茶を飲む

緑茶、紅茶、ハーブティーなどには、免疫力を高めて細菌の繁殖を防ぐ働きがあります。

温かいお茶にハチミツを入れて飲むと、さらに殺菌効果が高まりのどの痛みを和らげます。

 

のど飴をなめる

のど飴をなめると、唾液が出て乾燥していたのどに潤いを与え、痛みを軽減できます。

特にハチミツが入っているものは、殺菌作用もあるのでのどの炎症を抑えることができます。

 

マスクでのどの乾燥を防ぐ

マスクには、外部からのウィルスの侵入を防ぐとともに、のどの乾燥を防ぐ効果もあります。

自分の吐く息でのどを潤すことができるため、のどの痛みを和らげることができます。就寝中もマスクをするとより効果的です。

 

塩水でうがいをする

コップ一杯分のぬるま湯に、小さじ半分ほどの塩を溶かしてうがいをします。

塩には殺菌効果があるため、のどの内側についた細菌やウィルスを洗い流し、痛みを和らげて回復を早めます。

 

お風呂で深呼吸をする

お風呂に入ったら深呼吸をして湯気を吸い込むようにします。

のどが潤うと同時に湯気の熱が殺菌効果を発揮し、痛みを和らげることができます。

 

加湿器を使用する

のどで炎症を起こしている細菌は、乾燥しているほど繁殖力が強くなります。

加湿器などを使用して部屋の湿度を上げることにより、細菌の繁殖力が弱まり、のどの痛みも和らいで来ます。

加湿器がない場合は、部屋の中に濡らして絞ったバスタオルなどをかけておいても同じような効果が期待できます。

 

のどスプレーを使用する

市販ののどスプレーを使用するのも、のどの痛みを和らげるひとつの方法です。

のどスプレーには、メーカーによりいくつかの種類がありますが、副作用が少なく殺菌作用と荒れた粘膜を修復する成分が入っているものがおすすめです。

 

市販の薬を飲む

なかなかのどの痛みがおさまらない場合は、ドラッグストアやコンビニなどに置いてある市販薬を利用するのもひとつの方法です。

ペラックT錠、エスタックイブなどの商品名で販売されています。

 

タイトルとURLをコピーしました