おなかの張りを食事で防ぐ方法

薬はできるだけ使わずにおなかの張りを防ぐには、食事の仕方や食事内容を改善するのが近道です。

次のような方法は、全ての人に効果があるというわけではありませんが、腸内環境を良くしてガスの発生を防ぐことができるので、参考にしてみてください。

お腹の張りを食事で防ぐには?

よく噛んでゆっくり食べる

おなかの張りは、胃や腸のなかで消化が滞ってしまいガスが発生するのが大きな原因のひとつになっています。

食事の時はよく噛んでゆっくり食べる習慣をつけることにより、消化が促進されお腹の張りを防ぐことができます。

空気を飲み込んでしまう呑気症の場合も、ゆっくりと時間をかけて食べることにより、お腹にガスが溜まるのを防ぐことができます。

 

食物繊維の豊富な食品を摂る

野菜類や、海藻類など食物繊維の豊富な食品を摂ると、腸の内側が刺激され、ぜん動運動が活発になります。

便秘が改善され、お腹にガスがたまることを防ぐこともできます。

ただし、慢性的な便秘の場合は、食物繊維が溜まるだけでかえって逆効果になってしまうこともあるので、注意してください。

常に食物繊維の豊富な食品を摂り、便秘を防いでおくことが、お腹の張りを防ぐことにもつながります。

 

食事は腹八分目にする

暴飲暴食により、胃や腸の中が満タンになってしまうと、消化が追いつかずガスが発生しやすくなります。

食事は腹八分目にしておき、胃や腸に余裕を持たせておくことにより、おなかの張りを防ぐことができます。

 

ヨーグルトを食べる

腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増えて未消化の食べ物が腐敗し、ガスが発生しやすくなります。

その結果、便秘になったり、お腹が張ったり、免疫力が弱くなりさまざまな病気にかかりやすくなります。

毎日、少しずつでもヨーグルトを食べるようにすると、乳酸菌によって善玉菌が増え、腸内環境が良くなります。

消化も促進されるので、お腹の張りも改善されます。

ただし、ヨーグルトを食べるとお腹がグルグルするなど、合わない方もいるので、その場合はほかの方法をためしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました