白髪はなぜ生えるのか・白髪の原因は?

40代、50代の頃から増えて来るのが、白髪の悩みです。

白髪は男性にも女性にも見られますが、白髪が増えるとどうしても老けて見えるため、精神的な苦痛も大きくなります。

白髪が生える原因を知り、少しでも予防や改善へとつなげて行きましょう。

白髪はこうしてできる

髪の毛は頭皮から生まれ出て来ますが、当初は透明で色がついていません。

成長の過程でメラニン色素を取り込んで行くため黒や茶色などの色がつきます。

このメラニン色素は、「メラノサイト」と呼ばれる色素細胞で作られますが、日本人の多くは黒の色素細胞を持っているため黒髪になります。

ところが、何らかの要因によりメラノサイトの力が弱くなると、メラニン色素が作れなくなり、髪の毛に色をつけることができなくなります。その結果、白髪となって生えて来ます。
しかし、数本の白髪なら若い世代にも見られ、悩むこともありませんが、問題は白髪がどんどん増えて来ることにより、いかにも年老いたかのようになってしまうところにあります。
白髪が増える原因としては、次のようなことが考えられます。

白髪が増える原因

遺伝

両親や祖父母が白髪の場合、その子供や孫も白髪になりやすいという傾向があります。

遺伝による白髪は、髪の毛がメラニン色素を取り込みにくいという体質に原因があるとされています。

加齢

加齢により、メラノサイトの働きが弱くなると、黒髪の素となるメラニン色素の数も減少します。

その結果、髪の毛の成長の途中で白くなったり、白髪として生えてくる髪の毛が増えて来ます。

栄養不足

良質なタンパク質や、ビタミン、ミネラルなど、頭皮や髪の毛に必要な栄養素が不足すると白髪が増えます。

メラノサイトの働きが弱くなり、髪の毛を黒くするためのメラニン色素を十分に作れなくなるからです。

睡眠不足

髪の毛は睡眠中に成長し、傷んだ部分が修復されますが、睡眠が不足するとメラノサイトの働きも抑制され、白髪が増えることになります。

また、健康な髪の毛の成長も阻害します。

ストレス

苦労すると白髪が増えると良く言われますが、過度な心身のストレスはホルモンのバランスを崩し、血管を萎縮させるため、メラノサイトの活動不全を起こします。

その結果、白髪が増えることになります。

紫外線

肌に悪影響を与える紫外線は、頭皮にも大きなダメージを与えます。

頭皮のDNAが損傷を受けると、メラノサイトの数が減少してしまい、メラニン色素が作れなくなるため、白髪が増えます。

病気

胃腸疾患や貧血症、甲状腺疾患、マラリアなどの病気が原因で白髪が増えることがあります。

また、尋常性白斑という頭皮の疾患により、部分的に白髪になることがあります。

喫煙

愛煙家は、白髪になる確率が高いと言われます。たばこは、メラノサイトを活性化するビタミンB12を壊し、その他の細胞にもダメージを与えるためとされています。

 

タイトルとURLをコピーしました