白髪を予防・改善する食べ物

白髪を予防し、改善するには、健康な黒髪を作るために必要な食べ物をしっかりと摂ることが大切です。

次に挙げるような食べ物を積極的に食べるようにしてみてください。

白髪を予防・改善する食べ物とは?

タンパク質を含む食べ物

毛髪の主成分はタンパク質です。タンパク質が不足すると、髪の毛全体に元気がなくなり、白髪も増えてきます。

大豆や大豆製品、卵、乳製品、肉類、魚類など良質なタンパク質をしっかりと摂ることが白髪予防、白髪改善になります。

亜鉛を含む食べ物

ミネラルの一種である亜鉛は、細胞分裂を促進しメラノサイトを活性化させる働きがあるため、白髪を防ぎ健康でハリのある黒髪を作るために欠かせない栄養素です。

亜鉛は、牡蠣、納豆、海老、イカ、シジミなどに多く含まれています。

ビタミンを含む食べ物

白髪をこれ以上増やさないためには、ビタミン類をしっかりと摂る必要があります。

ビタミンA、ビタミンEには、血行促進効果があり、頭皮や髪の毛にしっかりと栄養を送ることができます。

ビタミンCには、メラノサイトの老化を引き起こしている活性酸素の活動を抑える働きがあります。

また、メラニンの生成を促進する働きのあるビタミンB12や葉酸も、白髪の予防・改善に大きな力を発揮します。

ビタミン類は、野菜や果物、豆類、貝類の食品に多く含まれています。

カルシウムを含む食べ物

丈夫な骨や歯を作るために欠かせないカルシウムは、健康でしっかりとした髪の毛を作るためにも必要な栄養素です。

さらに、カルシウムには黒髪の元になるメラニン色素を生成するメラノサイトを活性化させる働きがあるため、白髪の予防・改善にもなります。

カルシウムは、牛乳、小魚類、海藻類、豆類に多く含まれています。

ヨードを含む食べ物

髪の毛に良いと言われる昆布やワカメには、ミネラルの一種であるヨードが豊富に含まれています。

ヨードには、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活発にするため、白髪予防や白髪の改善にも有効です。

ただし、ヨードばかりを過剰に摂取すると甲状腺の病気を招くこともあるので、ほかの栄養素とのバランスをとりながら積極的に摂るようにしましょう。

ヨードは、昆布やワカメのほか、ひじきや海苔、もずくなどにも含まれています。

チロシンを含む食べ物

アミノ酸の一種であるチロシンは、髪の毛を黒くするメラニン色素の原料となります。

そのため、チロシンが不足すると、メラニン色素の生成が間に合わず、白髪が増えることになります。

白髪改善のためには、一日あたり500mg~2,000mg程度(豆腐なら50~200g程度)のチロシンを摂取するのが望ましいとされています。

チロシンは、豆腐、チーズ、納豆、ごまなどに多く含まれています。

 

タイトルとURLをコピーしました