お腹のムカムカを改善する方法

お腹のムカムカは殆どが胃の不調によるもので、通常は時間が経てば自然に治まりますが、なるべく早く改善したいですね。次のようなことを参考に、食事に留意して胃を労るようにすれば、改善も早くなります。

 

お腹のムカムカ・改善法

よく噛んでゆっくり食べる

お腹がムカムカする原因の多くは胃もたれですが、この胃もたれを改善する最善の方法が、よく噛んでゆっくり食べることです。
胃もたれを起こしている時は、胃のぜん動運動が低下していますが、よく噛んでゆっくり食べることにより、消化しやすい状態になるため、胃の負担を減らすことができ、お腹のムカムカも改善に向かいます。

 

1日食事を抜く

お腹のムカムカがなかなか治まらない場合は、思い切って一日食事を抜くという方法もあります。胃の中が空っぽになった後、胃の粘膜が再生されますが、それには最低12時間かかるからです。
ただし、食事を抜いている間は、常温の水や白湯などを飲んで、水分補給は必ず行うようにしましょう。

 

消化の良いものを食べる

胃もたれが数日続いている時は、脂っこいものや硬いもの、刺激の強いものを避け、できる限り消化の良いものを食べるようにしましょう。柔らかめのご飯に大根おろし、シラス、ゆでたほうれん草、湯豆腐、バナナ、りんご、野菜スープなどがおすすめです。

 

食後はゆっくりする

食後は、すぐに動いたりせずに、右側を下にして横になり、ゆっくり休みましょう。右側を下にして体を横にすると、胃の内容物が十二指腸へ運ばれやすくなるため、胃の負担を減らすことができます。
また、食後すぐに入浴すると、胃酸の分泌が抑えられて消化が遅れがちになります。胃もたれを防ぐためにも、ゆっくりと落ち着いてから入浴をするようにしましょう。

 

腹八分目で抑える

胃のぜん動運動の回復を早めるには、消化の負担をできる限り少なくすることです。そのためにも、食べ過ぎて胃の中を満杯にするのではなく、八分目で抑えて余裕を持たせることが大切です。日頃から腹八分目を心がけることにより、お腹のムカムカを予防することもできます。

 

寝る前の食事は控える

寝る直前に食事をすると、睡眠中に胃が動いて消化活動を行うことになります。胃の粘膜の荒れた部分は睡眠中に修復されますが、消化活動を行っている間は修復の機能も働きません。食べたものが完全に消化されて胃の中がからっぽになるには、6~8時間ほどかかるため、寝る直前の食事は避けるようにしたほうが胃の機能回復が早くなります。

 

ストレスを避ける

過度なストレスは、胃の消化活動に影響を与えたり、胃の粘膜が荒れる原因にもなります。お腹のムカムカを予防、改善するためにも、休みを取ったり気分転換などをして、日頃からストレスを溜めないようにしましょう。

 

胃薬を服用する

胃もたれは、市販薬や処方薬で改善することもできます。特にデンプンを分解する「タカヂアスターゼ」や「ビオヂアスターゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」などの消化酵素が配合された胃腸薬は、消化を助ける作用があるため、お腹のムカムカも改善に向かいます。

 

スポンサーリンク

 

 

胃のムカムカは、暴飲暴食などを繰り返さなければ、通常は自然に治まります。しかし、いつまでも続いたり、慢性的に起こる場合は何らかの病気が隠れている可能性があるため、病院で検査を受けるようにしましょう。