食用のオリーブオイルを肌に塗っても大丈夫?

オリーブオイルは、肌がカサカサする乾燥肌を防いだり改善するためにも使用できますが、では「食用のオリーブオイルを肌に塗っても大丈夫だろうか?」となると、ちょっと疑問です。

その疑問を解決するためには、食用のオリーブオイルと美容オリーブオイルの違いを知っておく必要があります。

スポンサーリンク

食用のオリーブオイルと美容オリーブオイルの違い

料理に使われる食用のオリーブオイルとスキンケア用の美容オリーブオイルは、濾過(精製)の仕方が異なります。

食用のオリーブオイルの場合は、栄養や味、香りを残すため、比較的荒めに濾過されています。特にじっくりと低温で圧搾されたものは、オリーブの実の果肉や繊維がわずかに残っているものもあり、それが独特の風味やおいしさとなっています。

一方、美容オリーブオイルの場合は、精製度が高くオリーブ由来の果肉や繊維などは全て濾過され、殆ど含まれていません。無色透明で、栄養や味、香りもありませんが、なめらかで肌に浸透しやすいという特徴があります。

このように、同じオリーブオイルでも料理に使うものは食品用に、肌に塗るものはスキンケア用に最適化されています。

肌に塗るなら美容オリーブオイルを

オリーブオイルには、肌の乾燥を防ぐオレイン酸やスクワレン、ビタミン類が豊富に含まれています。

しかし、食用のオリーブオイルをスキンケアやマッサージに使用した場合、人により肌トラブルを起こすことがあるので注意が必要です。

オイルの中にオリーブの実の果肉や繊維が残っていた場合、皮膚を刺激し肌荒れを引き起こすことがあるからです。特に敏感肌の方やアレルギーを持っている方は、要注意です。

また、食用オリーブオイルは分子が大きく肌への浸透力が弱いため、いつまでも肌表面に油分が残りがちです。

肌に残った油分は、空気に触れると酸化が始まりますが、そこに紫外線を浴びるとシミやそばかすの原因になることもあります。

そのようなリスクを避けるためにも、スキンケアやマッサージには美容オリーブオイルを使うようにしましょう。

美容オリーブオイルは、分子が小さく肌にスーッとなじんで、高い保湿効果が期待できます。

タイトルとURLをコピーしました